[88]企業で行うべきストレスチェックの種類

[88]企業で行うべきストレスチェックの種類
近年、職場での生活において不安やストレスを抱える人が多くなってきました。それによりストレスチェックの実施が義務付けられ、企業は日々抱える従業員の悩みやストレスを把握し、改善するための努力をすることになりました。ここでは企業で行うべきストレスチェックの種類についてご紹介いたします。
 
 

ストレスチェックは会社の義務

 
ストレスチェックとは、従業員のストレスや悩みの状況などを定期的に検査し、個人のストレスの具合を確認しながら適切な対策を行うことで、うつ病やメンタルヘルスの不調を未然に防ぐとともに、職場環境の改善を促す目的のための仕組みです。
ストレスチェックは「労働安全衛生法」によって2015年12月から義務付けられており、従業員が50人以上の事業所については必ず実施する必要があります。
 
 

ストレスチェックの種類

 
ストレスチェックにはどのような種類があるのでしょうか。
 

心理的な負担の原因に関する項目

心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目をチェックし、評価点数が著しく高い場合は「高ストレス者」として選定します。例えば、仕事に余裕があるのかどうか、自分のペースで仕事ができるかどうかなど、今の仕事についてどう思っているのかを検査します。
 

心身の自覚症状

上記の負担の原因をチェックした上で、今の自分の症状を確認します。例えば、仕事量が多くてもやりがいを感じている場合はストレスが少ないと言えますが、とても疲れていたり、不安で仕方がなかったりするのは心身ともにコンディションがよくない状態とされ、高ストレスと判断されます。
 

職場でのほかの労働者による当該労働者への支援について

例えば、仕事で悩みがあった際に相談できる同僚や上司がいるのかどうかや、話を聞いて改善してくれる仕組みができているのかどうかなどをチェックします。これも点数が高いと、悩みがあっても組織として改善できる仕組みができていないと判断されます。
 
 

ストレスチェックの実施フロー

 
ストレスチェックを行う手順について、簡単にご説明いたします。事業所によって違いはありますが、おおまかな流れは以下の通りになります。
 

実施方法・実施ルールを協議

どのようにストレスチェックを実施するのか、どのようなルールを適用するのかを協議します。また、実際に高ストレスと診断された人の扱い方についても、プライバシーの保護や不利益の防止など事前に十分に確認してください。
 

質問票の配布・記入

質問票を配布して、記入を行ってもらいます。職業性ストレス簡易調査票を使用するとよいでしょう。
 

本人に結果を通知

結果を本人に通知します。データや結果がほかの社員や事業者へ流出しないように、扱いには十分注意してください。
 

医師による面接指導の実施

高ストレス者と判断された労働者本人から面接指導の申し出があった場合は、事業者は医師による面接の機会を設け、本人と医師による面接指導を実施します。申し出があった理由による不利益な扱いは、禁止されていますので注意してください。
 

医師からの聴取

面接指導を行った医師から意見を聴取し、何が原因であったかの確認を行います。
 

聴取を受けての措置

必要に応じて労働者本人の業務変更や労働時間の短縮など、改善措置をします。
 
 

ストレスチェック後の努力義務

 
ストレスチェックは、済んだらそれで終わりというわけではありません。個人的な面接指導の機会がなかったとしても、必ずしも環境のよい企業になっているとは限りませんので、以下の項目に注意するようにしましょう。
 

ストレスチェックの結果を集団分析

個人的なストレスチェックの結果は本人の同意がないと事業者に提供できませんが、実施結果から集団分析を行うことはできます。一定規模のまとまりとして集計・分析を行い、どの部署でどのようなストレスが起きているのかを把握することが大切です。
 

職場環境の改善

分析結果をもとに、職場環境の改善に努めてください。個人の仕事量や部署変更の検討、また社内の間接的な環境を改善する方法としては、観葉植物や空気清浄機の導入、昇降デスクなどストレスを軽減できるアイテムも活用するとよいでしょう。
 
 
ストレスは本人が気づかないところで限界を迎えていることもあります。上記を参考にストレスチェックを実施し、全社員がよりよい環境で仕事が行えるような職場作りにつなげてください。

オフィス環境・働き方改善の新着記事

新着記事一覧

オススメコンテンツ