知っておきたいGDPR

ますます重要度を増す、個人情報に対するセキュリティ。
保有するデータをチェックして、しっかり対策しましょう。

GDPRとは?

GDPRはGeneral Data Protection Regulation(一般データ保護規則)の略で、欧州連合(EU)のデータ保護法(日本での個人情報保護法に相当)です。
「個人データ」の「処理」と「移転」に関する法律で、2018年5月25日から適用が開始されました。

GDPRで注意したい点

EU外の企業にも適用される

GDPRはEUの法律ですが、会社の所在地にかかわらず、EU内に所在する者の個人データを処理または保管する会社に適用されますので、注意が必要です。

違反すると多額の罰金

GDPRに従わなかった場合、最大で
企業の全世界年間売上高の4%以下、
もしくは2000万ユーロ以下のいずれか高い方が適用されます。

gdpr

こんな企業が対象となります

  • EUに子会社や支店、営業所などがある
  • 日本からEUに商品やサービスを提供している
  • EUから個人データの処理について委託を受けている

GDPRでは、氏名や住所、クレジットカード番号やメールアドレスだけではなく、オンライン識別子(IP アドレスやCookie)も個人データとみなされるので、例えばネットショップなどのWEBサイトを通してEU所在者の個人データを取得した場合も原則として対象になります。

紙媒体のデータも注意が必要

GDPRは法的に個人の「忘れられる権利」を謳っており、EU所在者には、それが使用される理由がなくなった場合、企業のデータベースからデータの削除を要求する権利があります。これは電子データだけでなく、ハードコピー(紙媒体の情報)に対しても、保管場所が国内国外に関わらず適用されます。

約33%が機密文書をほぼそのまま
廃棄している?

あなたのオフィスには
シュレッダーがありますか?

あなたのオフィスにはシュレッダーがありますか?

書類を読むために
プリントアウトしますか?

書類を読むためにプリントアウトしますか?

どうやって機密書類
を廃棄していますか?

どうやって機密書類を廃棄していますか?

機密情報や個人データを含む書類が無人のオフィスに置いてあるのを見たことがありますか?

機密情報や個人データを含む書類が無人のオフィスに置いてあるのを見たことがありますか?

これは昨年フェローズが、EU 7ヶ国でオフィスワーカーに対して実施した調査です。94%の回答者が書類を読むためにプリントしており、33%が機密書類を廃棄するときにそのままか、数回破くだけと回答しました。また、オフィスにシュレッダーがないと回答した人も22%いました。

シュレッダーは一番簡単で根本的な
セキュリティ・ツール

シュレッダーを使えば、紙媒体の情報を目の前で簡単に、確実に処分できます。設置するだけで使用でき、大がかりなシステム構築もランニングコストも必要ありません。
GDPRのみならず、日本国内でも個人情報保護法やマイナンバー法など、情報セキュリティに対する高い意識が求められる今、シュレッダーで情報管理の徹底を図りましょう。

フェローズだから、
できることがあります

オフィス製品メーカーとして100年。フェローズは世界的なブランドとして成長を続ける中で、仕事の効率や生産性の向上だけに留まらない、ストレスフリーな製品づくりを目指してきました。
グローバル・カンパニーだからこそ得られる視点と経験でお客様のニーズを見極め、使用する際の不満や疑問を解決するシュレッダー、より簡単に使える、より便利なシュレッダーを、使い方やオフィス環境に合わせて選べる豊富なラインナップでご提案しています。

  Back to Top