シュレッダーに関する用語集

フェローズシュレッダーの機能や仕様に関する用語についてご説明しています。

あ行

  • インターロックスイッチ

    シュレッダーには安全のためゴミ捨ての時や転倒時など、本体とダストボックスが離れたときに作動しない機構が備えられています。ダストボックスが正しい位置にあるときに、内側(キャビネット式 / 引出し式のタイプはそれぞれキャビネットドア / 引出しの内側)の突起部分が、本体側にあるインターロックスイッチを押すことでシュレッダーが作動可能になります。引出し/キャビネットドアがきちんと閉じていなかったり、ゴミ袋がスイッチの妨げになっているとインターロックスイッチが入りませんので、シュレッダーは動きません。

  • オートオイル

    付属のオイルタンクにシュレッダーオイルを入れておくと、約1,000枚細断ごとに自動注油するセルフメンテナンス機能。オイルの残量が少なくなったり、無くなったときはオイル切れランプが点灯します。
  • オートスタート/ストップ

    紙を投入すると自動的に細断スタート。細断が終わると自動的にストップします。
  • オートパワーオフ

    一定時間操作しないと自動的に電源がオフになり待機電力の消費を抑えます。
  • オートフィード

    セットした書類を自動的にカッター部に送り細断する自動給紙タイプのシュレッダー。小分けにして投入する手間がありませんので、一度に大量の書類を処分するときに便利です。
  • オートリバース

    能力以上の枚数が投入されると、自動的にモーターが逆回転して紙を押し戻します。
  • オーバーヒート/オーバーロードプロテクション機能

    モーターのオーバーヒートによる故障を防ぐため、定格の連続使用時間を超える連続運転をしたり、用紙を入れ過ぎて刃の回転が止まったまま放置したときこの機能が働き、内部で電源が停止します。
  • オーバーフローストップ

    ダストボックスが細断くずでいっぱいになると自動停止します。

か行

  • 空冷式モーター

    使用時のモーター温度の上昇を抑えるための空冷ファンを内蔵。モーターをファンで冷却することにより、長時間の連続運転が可能です。さらに、オーバーヒート時の休止時間も短縮できます。
  • くずならし機能

    細断くずがダストボックス内で片寄って溜まらないよう、自動的に均等にならす機能です。収容力をアップしてゴミ捨ての回数を低減します。
  • クロスカット

    投入した紙を一定の幅・長さになるよう縦・横にチップ状にカットする細断方式です。

さ行

  • 最大細断枚数

    10回連続して同時に細断できる最大の枚数(細断率90%以上)。
  • ジャム・プルーフ システム

    フェローズ独自の紙詰まり防止機能。投入口内部の紙詰まりセンサーが、投入された紙の量を感知して入れ過ぎや折れ曲がり、連続投入などを素早く判断し、シュレッダーの紙詰まりを未然に防ぎます。
  • 手動正転モード

    紙詰まりのときなどにカッターを強制的に正回転させるモード。
  • 処理能力指数

    シュレッダーを連続して使用した場合、最大で何枚の紙を細断できるかをA4コピー用紙の枚数に換算した数値です。
  • ストレートカット

    投入した紙を一定の幅になるように縦方向にのみ細断する細断方式です。
  • スリープモード

    一定時間操作しないと、スリープモードに移行して待機電力の消費を抑えます。細断する紙を投入すると再び細断を開始します。
  • セーフセンス®

    フェローズ独自の安全機能。細断中にペーパー投入口周辺のクロムメッキ部分に手が触れると、センサーが感知し、カッターの回転が自動的にストップします。
  • セーフティーロック

    電源が入らないようロックしておくことができる安全装置です。使用しないときはロックしておけばより安全です。

た行

  • 待機省電力0ワット

    一定時間操作しないと、全ての電源がOFFになる省エネ仕様。
  • ダブルスロット

    紙用とメディア(CD/DVD)用、それぞれ専用の投入口とカッターを装備したタイプのシュレッダー。分別処分が簡単に行なえます。
  • 定格細断枚数

    定格連続使用時間内において連続して同時に細断できる枚数(細断率90%以上)。

は行

  • ビンフルセンサー

    ダストボックス内にたまった細断くずの量を感知するセンサー。
  • フェドアップ機能

    能力以上の枚数が投入されると、自動的にモーターが逆回転して紙を押し戻します。(オートリバース機能と同義)
  • フック&アップ式

    ゴミ袋交換などの際に、細断くずが飛散するのを防止するために設計されたダストボックスの方式。フレームにかけたゴミ袋を本体底部に密着させてセットすることで、細断くずのこぼれ落ちを防ぎます。
  • プリパレーション機能

    スイッチをオンにするとカッターが自動的に2秒回転します。前回使用したときの細断くずの残りを落とし、モーター、歯車の動きやカッターのかみ合わせを整えるためのウォーミングアップ機能です
  • ペーパーホルダー

    細断前の紙を一時的に入れておける便利なトレイです。

ま行

  • マイクロカット

    クロスカットの一種で、特に細断サイズが細かいものをマイクロカットといいます。より復元性が低いので、機密性の高い文書の処分に向いています。
  • マイクロスパイラルカット

    二段階のカッターで、縦方向にカットした紙をさらに横方向にカットする細断方式。通常のマイクロカットに比べて細かくカットできる上、切断面もシャープなのでかさばらず、細断くずの集積効率が向上します。
  • マニュアルフォワードボタン

    紙詰まりのときなどにカッターを強制的に正回転させる操作ボタン。
  • メディア細断対応

    紙だけではなくCD/DVD(メディア)も細断処分できること。紙とメディアを同一のカッターで細断するタイプと、別々の投入口/カッターを備えたダブルスロットタイプがあります。
  • メディア分別

    細断した紙とCD/DVDを分別するためのメディアトレイが付属しています。

ら行

  • リバース機能

    紙詰まりや誤投入のときに、カッターを逆回転させるモード。
  • 連続使用時間

    シュレッダーは電気モーターを使用してカッターを回転させますが、モーターは連続運転すると熱を帯びてきてそのまま回転を続けるとオーバーヒートして壊れてしまいます。用紙を間断なく続けて細断する場合、定格細断枚数で連続して運転できる時間を定格時間または連続使用時間といい、カタログや取扱説明書に明記されています。

わ行

  • ワンタッチコントロール

    触れるだけで操作できるタッチスクリーン式のコントロールパネル。

A~Z

  • Newセーフセンス®

    フェローズ独自の安全機能。細断中にペーパー投入口周辺のクロムメッキ部分に手が触れると、センサーが感知して自動で一時停止、約5秒で完全停止します。

オススメコンテンツ